神奈川県在住の高校一年生です。 一応弱小校の卓球部です。基本のんびりな日記です。まぁなんにもないですがどうぞ見て行ってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
答案返却とか幻想
はいどーも。一昨日の夜に家庭科実習から帰ってきましたw


温泉巡りとかよくわかんない寿司作ったりとか色々してたんだけど、結構楽しかったw


全部は書ききれないんで感動したことを一つ書きますと、


この温泉巡りってのは温泉街に行って、まぁひたすら温泉に入るというイベントなんですけど、全部で温泉が9個だかそれ以上あるんですけど、さすがに全部は入りきれなかったよw

てかあれ風呂嫌いの人地獄だろうねw


あとね、温泉とかいうけど、実際結構ショボかったw 全部男湯と女湯の風呂場が中にあるだけの木造の建物があって、鍵を預かってるから好きなとこに入るんだけど、


想像してた「The 温泉!」ってのとはだいぶ違うってーか、なんか家庭のお風呂を少し汚くしたバージョン?みたいなのもあったw 3人しか入れないとこもあったしねw


まぁ良くいえば趣きがあるというか。お湯自体は本物の温泉(たぶん)なんで俺は結構気持ち良かったです。全部で5つ入った。


んで、その中の一つに、超熱い温泉があるという噂があって、そこに入った奴らの話を聞くと、

「あれはヤバい」とか、

新世界が見えた」とか言うもんで、結構楽しみにしてたんだけど、

いざそこに行ってみると、「あまりに熱すぎたから水入れまくってぬるくした」とかほざきやがって、

しょうがなくそのぬるいお湯に4人で浸かったんですね。


で、お湯がでてくるところは、お湯の量を調節できて、それは最小になってたけどほっといて、とりあえず水は止めて、「あーぬるいわー」とか言ってたら、だんだんと熱くなってまいりまして、

なんかすっごい熱い部分とぬるい部分のムラがあるからぬるいところに固まってたら、なんか俺たち学生じゃない一般人のおっさんが脱衣所に入ってきて


その時隣の奴が、

「このまま行けばおっさんは熱いところに入らざるをえないから、その時のおっさんの反応見て楽しもうぜ」とか提案してきたので賛成しておっさんの様子を固唾を飲んで見守ってたら。

ガラガラガラ。

おっさん「ん? お湯ぬるいな」

ガシャッ(お湯の量最大)


俺ら(うわっっちちっちちちちっっっちちちちちちちち!!!!!)

俺「あの~、ちょっと熱いんですけど・・・」

おっさん「ん? こんぐらい熱くないとダメだろう」

とかそんなこと言ってる間にものっすげぇ熱くなってきて、新世界が見えかけてきたころに、

隣の奴「あー、ちょっとのぼせてきちゃったから先にあがるわ~」

俺ら『『『俺も』』』

おっさん「ん?最近の若いモンはすぐ根をあげるからなぁ~ ワッハッハ」


俺たち『『『『お先に失礼します!!!!』』』』


いや~、おっさんマジ強ぇ。 あれだな、男として負けたよ。器のデカさが違うwww


まぁ十中八九、俺たちのおっさんをハメようとする話を聞いてたんだろうなwww

まぁそういうわけでおっさんかっけぇw


ということで家庭科実習の最高の思い出はおっさんに惨敗したことでした。


あと最終日に学年主任の先生が荒ぶってて部屋移動した奴を全員捕えて廊下で説教してたり、

その状況から俺たちが各員にメールで警戒レベルを伝えたり。

なんだかんだで楽しかったね。


というわけで終わり。


※タイトルのことに何も触れないのは仕様です


スポンサーサイト

2011-10-24 Mon 21:47
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<男はみんな厨二病 | 夜明け色の球使いの部屋 | 明日から>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 夜明け色の球使いの部屋 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。